晴れたらいいね

no photo no life

同發菓子工場

横浜橋商店街を見た後、伊勢佐木町通りを関内駅に向かって歩きました。

伊勢佐木町をまともに歩いたのはうん十年ぶりかもしれない。自分世代だと伊勢佐木町=青江三奈なんだけどね。かなり距離を歩いたんだけど、何故か一枚も写真を撮らなかった。撮りたいと思うものがなかったんだよね。何でもでもあるけど何にもない、という印象でした。さっき見た横浜橋商店街の活気ある光景と比べると静かでした。

横浜公園で開催中の「横浜開港記念バザー」のものすごい人混みをかき分け、山下町で探したのがこの建物です。


2016060301.jpg


「同發菓子工場」(山下町95番地)です。この中華街と本町通りにはさまれた一角はめったに足を踏み入れることはない。

中華街でも名の知れた関東料理のお店「同發」の菓子類を作っている所なんですね。ちらっと中が覗けました、なるほど。「ローズホテル横浜」の近くです。この通りはかつては生糸貿易を行う外国の商社が事務所を構えていた外国人居留地だったんですね。

この建物の見所は建物を一面に覆うツタではなくて、建物自体なんです。昭和50年ごろの古い写真を見ると、外国系の輸送会社の事務所だったようで、横文字の会社名が見えます。写真からはしっかりとした造りがうかがえます。その特徴から昭和初期の古い建物かもしれません。その後同發の工場に変わったんですね。

横浜には見た目派手な歴史的建造物がたくさんありますが、こんな地味な建物もあるんですね。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8
スポンサーサイト
  1. 2016/06/03(金) 18:55:26|
  2. 横浜散歩
  3. | コメント:0
<<山手西洋館 「花と器のハーモニー」 | ホーム | 粋な下町「横浜橋商店街」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する