晴れたらいいね

no photo no life

潮風に吹かれて横須賀中央から久里浜まで歩く(三浦半島一周第2弾) 其の二

観音崎灯台を見学した後上って来た坂を下り、海岸沿いの遊歩道を再び歩き始めます。


2016092620.jpg


見晴らしのいい遊歩道がありましたが、さすがにここを歩く人は少なかった。


2016092621.jpg


短いけど真っ暗な隧道を通ります。


20160926map03.png


2016092622.jpg


明るい大通りに出て先に進むと観音崎自然博物館やビジターセンターがありました。その手前に公園らしきものがあり、東屋なんかもあったのでここでお昼にしました。暑い~汗びっしょりだ。時間は11:30。

観音崎一帯は江戸時代後期から東京湾要塞の最前線として近代的な砲台が築造され、太平洋戦争終了まで海軍省や陸軍省によって管理されていました。そのため一般人の立ち入りは禁止されていました。今でも当時の砲台跡が残っています。

観音崎自然博物館には立ち寄らず、ちょっと先に進んだら、


2016092623.jpg


ものすごいきれいな海岸があった(驚)。


2016092625.jpg


この綺麗な海の色はなんだ!


2016092626.jpg


緑っぽい海の色に驚かされる。今日見たなかでも一番だな。


2016092627.jpg


観音崎大橋を渡ります。


2016092630.jpg


鴨居港に到着。おじさんがひとり、港内はあくまで静かです。


2016092644.jpg


秋口になると鴨が越冬のため飛来してくるそうで、鴨居と言う名がそこからつけられたのかは、不明です。静か過ぎるこんな場所はちょろちょろせずにそっと立ち去るのが一番だ。

予定では鴨居港の信号を右に回り、209号線を歩くつもりだったんですが、急遽変更して引き続き海岸沿いを歩くことにしました。これが正解でした。


2016092631.jpg


巨大な県営浦賀かもめ団地の前を通ります。年数が経っているのか建物の古さが目立ちます。

団地を過ぎた所でまた漁港らしきものを発見。人がいっぱいだ。


2016092632.jpg


居合わせた人に聞いたらここは鴨居大室港というそうです。ちょうど釣り船が戻ってきたところで、ごった返してました。釣果はアジ、タチウオのようです。


2016092633.jpg


先ほどの鴨居港とは大違いで活気に満ち溢れてました。釣船屋さんがあるかないかの違いですかね。


2016092634.jpg


ちょうど小型船が漁を終えて戻ってきました。

叶神社の前に到着。思い出したぞ、ここに立ち寄ったことがある。浦賀の渡しはこの近くだ。


2016092636.jpg


今回楽しみにしていた「浦賀の渡し」にようやく到着です、時間は12:30。

ところがちょうど船頭さんのお昼休み(12:00~13:00)で午後1時まで止まってました、ガックリ仕方がない。知らずに来た3、4人の方も時間つぶしにどこかに行かれました。

浦賀港の遥か先を眺めれば1853年(嘉永6年)のペリーの黒船来航が思い浮かぶ。たまたま今司馬遼太郎の「世に棲む日日」を読んでいるんですが、この事件を機にいわゆる幕末という時代に入り、吉田松陰や高杉晋作が表舞台に登場していくことになる。この時松陰24歳、高杉晋作は14歳だった。


2016092637.jpg


午後1時になりようやく午後の部が再開です。


2016092638.jpg


200円払って乗船します。と思ったらあっという間に対岸についてしまった。写真を撮る暇もない。渡し船の粋な風情を楽しむ余裕もないですね(笑)。渡し乗るのは2回目ですが、こんなにあっけなかったっけ。対岸では数名の方が待っていた。

対岸に渡り久里浜港の方に行く予定でしたが止めました。渡しで30分待ったのが影響しているかも。心身ともにのっているときに変に休んじゃうとダメだね(言い訳)、疲れがドッとでた。回る予定だった燈明堂や久里浜海岸のペリー記念公園は一度行っているのでまあいいか。


2016092639.jpg


渡ったところの裏通りに古い建物がいくつかあったのでちょっと気分を持ち直しました。店先で何かお仕事をされているおじさんに断わってパチリ。立札によればこのお宅は江戸時代に廻船問屋をやっていたうちの古い一軒だそうです。


2016092640.jpg


このあと京急久里浜駅に向かって210号線を歩きます。

途中こんな建物や、


2016092641.jpg


こんな古い蔵がありました。これもまた幕末、明治期に造られた石蔵と思われます。蔵は大切なものを火災や盗難から守るもので、壁の厚みが一尺ほどあり、耐火建物として様々な工夫がされています。


2016092642.jpg


13:45京急久里浜駅に到着です。駅のトイレで着替えをしてから帰りました。


20160925map02.png


さて歩いて三浦半島一周もようやく三分の一を達成したかな。自分の足だと一日せいぜい10~15kmが限界だね。シバリョウによれば江戸時代の東海道を歩く旅人は一日/7里(28km)を歩いたというけど、とんでもない話だ(笑)。第3回については未定です。

※歴史的な事項の説明は「浦賀行政センター市民協働事業・浦賀探訪くらぶ」の案内板を参考に致しました。

DSC-RX100
スポンサーサイト
  1. 2016/09/28(水) 06:49:15|
  2. 歩け、歩け、どこまでも
  3. | コメント:2
<<開成の稲刈りもぼちぼち | ホーム | 潮風に吹かれて横須賀中央から久里浜まで歩く(三浦半島一周第2弾) 其の一>>

コメント

sugipyさん

一日で歩ける距離が限られているんで遅々として進まないですね(笑)。
まあいつ終わるか分かりませんが、ぼちぼちやります。

この綺麗な海岸は何という名前か分かりませんが、遊んでみたいですね。
調べてみると三浦半島は他にもきれいな海岸があるようで、楽しみです。
  1. 2016/09/30(金) 06:12:16 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

akiさん、こんばんは!
三浦半島一周旅お疲れ様です。
いや~、本当に綺麗な海岸ですね。こんなに綺麗な海岸が県内にあるとは信じられません。ちょっとした新発見ですね!
まだまだ半島の三分の一とのこと。この先の情報も楽しみにしています(^^)
  1. 2016/09/29(木) 22:00:41 |
  2. URL |
  3. sugipy #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する