晴れたらいいね

no photo no life

灘本唯人さん

ホンアツのY堂では、ちらっと「今一番売れている本」のコーナーを眺め、いつも直行するのは美術関係の雑誌のコーナーです。

2016102354.jpg

おや、こんなMOOKを見つけちゃった。

「灘本唯人 にんげんもよう 」(玄光社MOOK 2016/8/23) です。う~ん知らないなあ、ナダモトさんて誰?

パラパラとめくってびっくり、あれっこのイラスト見たことあるぞ。独特の女性のイアラストは昔いろんな場面で目にしている。これを描いたのが灘本唯人(なだもとただひと)さんだったのか、全く知らなかった。1993年に紫綬褒章を受章している超有名人だった。惜しくも今年の7月に亡くなられています、90歳でした。

灘本さんのお人柄がイラストに反映していて、何かほっこりした気分にさせられます。う~んこの本欲しくなっちゃった・・・けど安くはないんだよね。ちょっと考えよう、すごすご。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうだ図書館にあるかもしれない。

検索 → あった → 予約 → 受け取り


2016102350.jpg
(灘本唯人・人間模様 講談社 S57.3.20)


さすがだねえ、ホンアツの図書館は何でも揃っている。ただこの本少し古いんだよね。でも主要作品はMOOK版と変わらない。


2016102351.jpg



2016102352.jpg



2016102353.jpg


広告ポスターから書籍の装画、小説の挿絵、雑誌のイラストレーションなど、活躍した範囲は広い。女性のデフォルメしたイラストが特徴ですね。1970代~1980代の作品です。今となっては個人的には古さを感じちゃいますが、とっても興味深い作品の数々です。写真には載せてないですが、線画のセンスも抜群です。のんびり眺めさせてもらいます。これを見ればもう買わなくてもいいのかな(笑)。

美術の秋、来週にでも美術展に行こうかな。一応前売り券は持ってます。

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8
スポンサーサイト
  1. 2016/10/23(日) 14:07:52|
  2. | コメント:0
<<「小網代の森」から長井港まで歩く(三浦半島一周第4弾) 其の二 | ホーム | 「小網代の森」から長井港まで歩く(三浦半島一周第4弾) 其の一>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する