晴れたらいいね

no photo no life

草間彌生さんの展覧会

草間彌生(くさまやよい)さんの展覧会『草間彌生 わが永遠の魂』が2017年2月22日から開催されます。

草間彌生さんといってもピンと来ないかもしれませんが、水玉模様がいっぱい埋め尽くされた絵画や立体作品が有名です。水玉(ドット)が草間さんのトレードマークとなってます。

2017012301.png
≪かぼちゃ≫1999年 松本市美術館蔵

かく言う自分も昔から草間さんのことを知っていたわけでないのですが、何年か前に偶然草間さんの作品を見て摩訶不思議な感覚にとらわれました。絵を鑑賞するというよりは、解読するという気分にさせられちゃいました。それ以来草間さんは気になる存在でした。

いつか作品をまとまって見てみたいと思っていたら、なんと国立新美術館で展覧会が開催されるというビッグニュースが去年の後半に入って来ました(ニッコリ)。今日前売り券を買いました。開催期間中は相当の混雑が予想されますね。

余談ですが、草間さんの経歴を調べてビックリ、出身が長野県の松本市でした。自分と同じ出身県だったとは(驚)。でもこれだけ世界的に著名な方になると軽々しく同郷なんて言葉がつかえないね。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/23(月) 18:13:36|
  2. 美術展
  3. | コメント:4
<<日差しを浴びて湘南海岸を歩く | ホーム | 小田原市石橋で鉄っちゃん>>

コメント

momongerさん

なるほど、面白い話を聞かせてもらいました。
天才より秀才ですか。

学業での天才ぶりも勿論憧れますが、自分の場合どちらかといえば
芸術的な面での天才ぶりを発揮したかったという思いの方が強いです。
若いころ夢中になった音楽のプレイとか絵画の方が結局は中途半端に終わってしまい
心残りです。才能がなかった。

天才ジャズプレーヤの演奏を聞くたびに自分もあんな演奏が出来たらなあ。
クラシックの名ピアニストの華麗なテクニックで聴衆を魅了する演奏。
何百年経っても見る人の眼をくぎ付けにする素晴らしい絵画etc。

勿論天才といえども人知れず血のにじむような努力をしていることは承知してます。
それでも来世はそんなことが出来る人間に生まれ変わりたいです。


  1. 2017/01/24(火) 18:07:48 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

絵にかいたような平凡な自分にとって天才に憧れます。

天才に憧れるのは止めた方が、、、、

一年の浪人生活で一日15時間勉強しようやく入った東大には、ごくごく少数の天才が居ました。こいつらには絶対敵わないとすぐ判った反面、それらの天才達はおかしなヤツが大多数で、あまり幸福な人生を送らず、早死しヤツも多いです。

天才より少しグレードは落ちるものの、頭が良く、常識にも恵まれた秀才は結構良い暮らしをしています。

私を含む努力だけで、学校に入った凡人は、ずる賢い連中を除いて、まあ、まあ、平凡な人生を送っていると言ったところですね。

画家、音楽家、作家、、、天才の作品は凡人にとって素晴らしいものですが、その作品を生み出した当人の多くは苦しみの連続であることを知ると、味わっている自分が申し訳なくなる時があります。

  1. 2017/01/24(火) 11:02:33 |
  2. URL |
  3. momonger #-
  4. [ 編集 ]

momongerさん

本文にあえて書きませんでしたが、草間さんは長らく統合失調症に苦しんでおられるようですね。
現在も施設に入っておられるという情報もあります。

絵にかいたような平凡な自分にとって天才に憧れます。
叶わぬ夢ですが、天才に生まれたかった、としばしば考えます(笑)。
自分がよく美術展に行くのは古今東西の天才に接したいからです。
これからも天才の成し遂げたものに出来るだけ多く接していきたいと思っています。


  1. 2017/01/24(火) 05:17:25 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

あのような絵が見えるらしい

Akiさん

草間さんの作品は松本市美術館に沢山ありますよ。
とある現代美術科を奥様に持つ人から聞いたことが有りますが、絵は頭の中にある表象を具体的に絵にしたものだそうです。つまりあのような絵が見えているらしいのです。天才の頭の中は私ら普通の人にはわかりません。
  1. 2017/01/23(月) 22:35:49 |
  2. URL |
  3. momonger #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する