晴れたらいいね

no photo no life

辻堂で草間彌生と浮世絵を見る

既報の通り草間彌生の「わが永遠の魂」展が2月22日から国立新美術館で開催されます。ところが先日TVで偶然知ったんですが、「藤沢市アートスペース」で草間さんの作品が見られというじゃあないですか、しかも無料で。これは行かなくちゃあ。

2017021402.jpg


辻堂駅に降りるのは初めてです。目の前に「Terrace Mall 湘南」の巨大な商業施設が見えました。何年か前に開業したんだけど、景気はどうかな。


2017021403.jpg


駅から歩いて数分の所に「CoccoTerrace湘南」があり、6Fへ。


2017021411.jpg


最初は草間さん単独の作品展かなと思いましたが、調べたら「松本市美術館」所蔵の草間さんの作品の一部と他の画家の作品も合わせて展示されていました。正直草間さん以外はほとんど興味がわかなかった、すみません。藤沢市と松本市が姉妹都市の関係にあることから、無料での展示が実現したようです。


パンフレットをパチリ。


2017021410.jpg


上の写真の一番下の並びの真ん中は≪果てしない人間の一生≫というかなりの大作です。じーと見てたんですが、とうとう理解できなかった。ゾウリムシや回虫の様なものばかりで、草間さんの一生をどう表現しているのか、最後まで感じ取ることは出来なかった。草間さんの作品って、見た後すっきりさせてくれないものがたくさんありそうだ。先日ここで取り上げた≪かぼちゃ≫の色違いが5種類あった。

見終わって帰ろうとしたら、

2017021412.jpg


上の7Fに「藤澤浮世絵館」があったのにはびっくり。何かで見た覚えはあったんだけど、まさかここにあるとは驚いちゃった。おまけにここも入館が無料じゃありませんか。ちょうど「浮世絵でめぐる旅と物語」という企画展をやっていました。

展示の内容は予想以上に素晴らしかったですね。詳しくはHPをご覧になって下さい。歌川広重の「五十三次名所図会」に始まり、歌川国芳の「東海道五十三対」など二代目広重、歌川国貞の作品もありました。大好きな国芳もあるなんてニッコリです。それに広重に二代目がいたなんて知らなかった。なにっ三代目もいたんだって

歌川広重(初代)の作品だけでも十数点あったし、十返舎一九作「東海道中画本膝栗毛 初編」に国芳が挿画を描いてあったのもとても興味深かった。藤沢宿コーナー、江の島コーナーとこの浮世絵館ならではの企画展を十分楽しみました。最近東京両国に出来た某美術館よりずーとよかった。

朝から東海道線が動いてません。辻堂から藤沢まで歩こうと最初から決めていたんで、線路に沿っててくてく。最近運動不足なんで気持ちいい。


2017021414.jpg


感心したのは歩道が自転車と歩行者専用に分かれていたこと。もちろん全部ではないですが。


2017021404.jpg


40分ぐらいで藤沢駅前に到着しました。実はここでも以前から一度は見たいと思っていたスポットがあります。駅前の「銀座通り」の信号から20mの所、このお店のわきにある路地を入っていきます。その方面では有名な廃屋スポットです。


2017021405.jpg


恐る恐る路地を入っていき、今にも崩れ落ちそうなゲートらしきものをくぐると、


2017021406.jpg


ぐちゃぐちゃになった建物がありました。昔は「藤沢朋友会」という飲食店が十数軒あったようです。奥は通り抜け出来ます。


2017021407.jpg


振り返ってみると荒れるに任せた廃屋が連なっているのがよく分かります。ただねえ、入口の所に自転車が2台止まっていたんで人が住んでるかもしれません。長居は無用でさっと切り上げて、小田急線藤沢へ。

DSC-RX100

<注意>
佐川急便を装った迷惑メールにご注意。絶対クリックしないように!
スポンサーサイト
  1. 2017/02/14(火) 16:34:37|
  2. 美術展
  3. | コメント:0
<<境川サイクリングコースを歩く | ホーム | 雪化粧の河津桜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する