晴れたらいいね

no photo no life

真鶴半島を歩く

天候不順で延びていた真鶴半島を歩いてきました。

2017031703.jpg


お仲間のANDOW君、HARA君が真鶴駅に10時半に集合。快晴で気温も上がると期待してきたんですが、曇ったり晴れたりとこの時点ではいまいちでした。


2017031704.jpg


今日は真鶴駅から海岸沿いに歩き、三ツ石海岸まで行きます。3人とも真鶴には過去に来ているんで様子は分かってます。


2017031705.jpg


下って行けばあっという間に真鶴港に到着。漁港独特の匂いがプ~ンとします。ANDOW君がわざわざ小型三脚を持ってきて、記念写真をパチパチ。


2017031706.jpg


ぐるっと港に沿って歩きます。漁港を歩いていると、まだ2回分が残っている三浦半島一周の続きをやらなくちゃあという気分になって来るんだけど、もう少し先だね。


2017031720.jpg


干してあった網をクレーンで釣り上げ、運んでいきます。後ろはガット船の第六豊松丸です。ガット船というのは砂や石を運ぶ船でクレーンが備わっています。この港に来るたびに見かけます。


2017031721.jpg


陽が照りだし暖かくなってきた、いいぞ。ぽつんと一人糸を垂れていた。


2017031722.jpg


真鶴半島を海から展望する遊覧船の掃除をする係りの人。


2017031707.jpg


見上げれば、貴船神社の桜が満開だ。

貴船神社の歴史は古く、889年の創建と言われています。毎年7月27、28日に行われる祭礼は勇壮華麗な船祭りとして有名で、鹿島踊りとともに、国の重要無形民俗文化財に指定されています。


2017031708.jpg


この桜の種類は?早くも満開で散り始めてました。


2017031709.jpg


「マリーナ真鶴」でメンテナンスの作業中のカラフルな遊覧船らしき船舶。


2017031710.jpg


海岸の遊歩道を歩き、昼食のお店を探します。左は真鶴半島の先端です。ぐっると回れば三ツ石海岸です。


2017031711.jpg


HARA君ご紹介のおさかな三昧の店S店で昼食です。金目のかぶと煮とお刺身です。かぶと煮はほとんど食べるところがなかった、残念。


2017031712.jpg


昼食後歩いて来た海岸方面を振り返りパチリ。ここから大きくカーブし周囲を原生林に囲まれた緩やかな坂道を歩いて行きます。


2017031713.jpg


真鶴半島には樹齢数百年、30mを越えるクスノキ、クロマツなどの生い茂る「お林」と呼ばれる原生林があります。江戸時代に植林されたもので厳密にいうと原生林ではないのですが、現在は県立自然公園として保護されています。今日は散策をしませんでしたが、巨木の中のお林遊歩道を歩くと別世界に来たみたいで、なんとも言えぬ不思議な感覚にとらわれます。


2017031723.jpg


お林の守り神として、漁師たちを中心に大切にされてきた山の神社(かみしゃ)、通称「山の神」の鳥居が道路の傍にありました。


2017031714.jpg


ケープ真鶴に到着。喫茶やお土産の販売を行ってます。


2017031717.jpg


真鶴岬先端の三ツ石を眺めます。


2017031724.jpg


少し階段を降りたところからパチリ。もう少し海の色がきれいだったらなあ。元気な子供が下から上って来ました。時間に余裕があれば一番下まで降りて三ツ石の方に少し歩いてもいいですが、バスの時間が気になります。


2017031715.jpg


ANDOW君が淹れてくれたコーヒーをスナック菓子、チョコレートをつまみながらおいしく頂きます。

この後バスで真鶴駅に戻り、小田原で下車します。


2017031718.jpg


小田原城に寄って行きます。周囲の桜の木の蕾もだいぶ大きくなってきた。


2017031719.jpg


駅前で買い物。自分はアジの開きを買ったんですが、皆さんこの他にミカンなどを買ってました。三人とも小田急に乗り帰ります。HARA君は池袋の先なんで遠いなあ。今日歩いた距離は大したことはなかったんですが、女子会のように話は尽きることがなく、楽しい一日を過ごすことが出来ました。次回は横浜で会いましょう。

途中栢山-富水間の菜の花の咲き具合を車窓から注意深く眺めました。咲いてはいますが、まだまだですね訂正します、見ごろになってました。気のせいか今年の作付面積が例年に比べて少ないですね。鉄っちゃん数名がカメラを構えてました、はっはやってるやってる。

DSC-RX100
スポンサーサイト
  1. 2017/03/17(金) 21:01:10|
  2. 歩け、歩け、どこまでも
  3. | コメント:0
<<一の堰ハラネ春めき桜は満開(南足柄市) | ホーム | 格安スマホを実感する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する