晴れたらいいね

no photo no life

スナップ撮影の「落とし穴」を探せ~アサヒカメラ5月号

今日は長文にて失礼いたします。

自分の場合、カメラ片手に街角でパチリ、というスナップ写真が好きで、数々の写真を撮って来ました。その際いつも頭の片隅に肖像権、著作権などというやっかいな問題がよぎってました。こりゃあまずいなあと思われる顔写真はぼかしを入れることで対応してきました。また幼児などの写真は極力写さない、後ろ姿のみにするなど完璧ではないですがやって来たつもりです。

人物ばかりではなく、街角の珍しい個人宅を写したいけどいいのかなあ。レストランで出された食事をパチパチ写真に撮っていいのかなあ。等々悩ましいケースがいくつもありますね。

過去にこんなことがありました。

①有名な神社の参道でのこと。珍しい暖簾をかけてあるお店(象牙などを売るお店)があったので早速パチパチしました。そうしたらお店の中からご主人が血相を変えて飛び出してきて、撮っちゃあダメだと言われました。納得できなかったけど、ああそうですかで止めました。その後帰りのもう一度こっそり撮っていたら、さっきのご主人が見張っていたんでしょうか、追いかけられました。

②築地での出来事。築地周辺には看板建築など写欲をそそられる建物がたくさん残っています。たまたま見つけた古くて面白い建物のお店を撮っていたら、ご主人に怒鳴られました。撮るなという張り紙が見えないのか、勝手に撮るなとここでもえらい剣幕で怒られました。

えっ撮るなって勝手に決めて、知らずに撮っているカメラマンを怒鳴っていいの?それ以降とっても気を遣うようになりました。

以上のように腑に落ちない経験をしていたので、法律的には本当はどうなの?とずーともやもやしてました。

そんな時、2017年の5月号のアサヒカメラにとても参考になる特集が掲載されてました。

2017042601.jpg

好評のシリーズ特集「撮影好きの法律&マナー」の大2弾です。8つのシーン別にイラストで詳解<スナップ撮影の「落とし穴」を探せ>です。それぞれの状況について弁護士が肖像権、著作権、施設管理権、パブリシティー権などの観点から撮影時の注意点分かりやすくアドバイスしています。自分が納得していない「個人の自宅や私有地」のケースがありました(ニッコリ)。以下内容をかいつまんで説明します。

問:散歩しているときに、スタイリッシュな外観の個人宅を見つけた。絵になりそうだ、でも個人の家だから撮影は出来ないものだろうか?

以下本文を抜粋します。

答:公道から撮影する分には問題ありません。著名な建築家が造った建築物であっても行動から目につく場所に存在している以上、外観の撮影自体を禁じることは出来ません。
極端な話、所有者が外観を見られたくないなら、撮影されたくないというのであれば、高い塀で囲むなり、広大な敷地の真ん中に建てて外から見えないようにするしかないというこのなのです。
ただし、いくら公道から撮影していいといっても、ベランダに干された洗濯物や、ガラス越しに見える室内の様子などを寄りで撮影するのは、所有者のプライバシー侵害に当たるので注意が必要です。

これを読む限り①、②のケースは撮影しても問題ないということになる。意を強くしたんだけど、実際目の前の怒りまくった方に迫られたら「法律的に問題ないから勝手なことを言うな、撮らしてもらうよ」なんて言えるかなあ(笑)。

もうひとつ参考になるケースがあった。それはお祭りの時の写真です。

「お祭りには多くの人が集まり、参加者自身も撮影される可能性を予測できます。ですから撮影自体は問題ありません。」

問題は一人をクローズアップでとる場合です。いい表情をされている方、美人のおねえさん、などついついアップで撮りたくなりますね。

「本人が祭りの写真を撮られることもあると予測していたとしても、自分だけがクローズアップされることは想定していないはず。こうした写真を発表したいのであれば、本人の承諾が必要です。もし、これが一人ではなく10人くらいの集合写真であれば祭りの雰囲気を伝える写真として個人の許可がなくても大丈夫です」

これから神田祭、三社祭があるので参考になりました。

というわけでいろいろためになったんですが、アサヒカメラの本文をこのようにそのまんま抜粋してのっけることは問題ないのかなあ?一応抜粋という断り書きをしたんでいいのかなあ。真面目に考えると色々分からないことが多い。

スポンサーサイト
  1. 2017/04/26(水) 06:28:23|
  2. その他
  3. | コメント:6
<<焦ってます | ホーム | 新緑の野川公園から深大寺まで歩く 其の二>>

コメント

イリヤさん

自分スタイルを大事にするのが一番かと思います。
イリヤさんはそれを持ち合わせていると思います。
  1. 2017/04/30(日) 17:13:10 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

akiさん、ご丁寧な解説をありがとうございました。
注意すべき点を頭に入れつつ、撮影を楽しみたいと思います。
  1. 2017/04/30(日) 14:19:26 |
  2. URL |
  3. イリヤ #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

色々お困りのようですね。

一般論として撮影してもいいかどうかは、その場所を管理する人が
撮影を承諾するかによります。
レストラン、店舗、商業施設、美術館、神社仏閣などそれぞれの
所有者、運営組織がその中でルールを任意に決めることが出来ます。
また公道での撮影は基本的には問題はありません。公道は広い意味で
国民の共有財産と言えます、一方的に禁止することは出来ません。

ですからイリヤさんが公道で撮影する分には問題ないと思います。
個人宅撮影も問題ないと思います。
ただ人物、店先をアップで撮れば肖像権、店の営業権の侵害として問題かもしれません。

花屋さんの場合もっと引いて撮ったらどうでしょうか。店が数軒立ち並び、その中の花屋さんに焦点を
合わせる、という方法なら風景の一部となり問題ないと思われます。
でもそれでは花の美しさが表現できないかなあ。
自分も鎌倉の小町通りの花屋さんの店先の写真をよく撮ります。真正面ではなく店の横から撮るという方法なんで、今のところクレームがついてませんが、気を
付けなくてはいけないですね。

ご存知の通り自分も鎌倉の街並みをよく撮ります。
人物はアップで撮らず、もし分かるような写り方だとぼかしていると思います。

イリヤさんもあんまり神経質にならず以上のことを踏まえて(アサヒカメラからの知識ですが)
撮りたいものを撮ったらいいのではないでしょうか。まとまりのない話で恐縮です。
  1. 2017/04/30(日) 10:50:48 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

参考になりました

akiさん、こんにちは。
以前、園芸店にきれいなお花があったので、思わずカメラを向けた所、
店員さんに「撮影禁止です!」と強い口調で言われました。
1枚だけ撮ってしまったので、「すみません」と言って、目の前で削除しました。
それ以来、店先などは撮るのを控え、また路地裏などの写真も撮りたいのですが、
個人宅が写ってしまうし、鎌倉はどこを撮っても観光客が多いので困ります。
その結果、無難なお寺の花の写真ばかりです(笑)
  1. 2017/04/29(土) 18:56:32 |
  2. URL |
  3. イリヤ #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

sugipyさん

人物が写ってしまう写真は本当に気を使いますね。
顔なんかぼかすのは好きじゃあないですが、仕方ないですね。

ともかくルールを守り撮りたいと思いますが、
中にははずれちゃうのもあるかも。
  1. 2017/04/28(金) 05:40:51 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

akiさん、こんばんは!
昔はお祭りで綺麗な女性を撮影して雑誌に載ったら、恐いお兄さんが撮影者を突き止めて金を脅し取るなんてことが結構あったなんて話を聞きました。
今はブログやSNSで簡単に載せられるので注意が必要ですね。学校なんかでも結構問題になっているようです。私自身も気をつけたいと思います。
  1. 2017/04/27(木) 19:44:25 |
  2. URL |
  3. sugipy #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する