晴れたらいいね

no photo no life

日向まで歩く

先日お仲間とユーシン渓谷まで行く予定だったんですが、自分の足の調子がいまだ万全ではなく、中止とさせてもらいました。ちょこっと歩く程度なら大丈夫なんですが、往復7時間の長丁場に耐えられそうになかった。このまま中止にしちゃうのには未練が残る。ということで試しに日向薬師まで歩いて回復具合を確かめます。

2017061701.jpg

暑い!玉川沿いのお馴染みの酒屋さんのベンチでひと休み。涼しい木陰でひと息つけました。

2017061717.jpg

近くの自動車整備工場の前に止まっていた。ここはマニアックな古い車がいつも修理に出ていて、この車もどんな具合にリニューアルされるんでしょうか。

2017061703.jpg

田植えが終わり苗が順調に育っている。玉川沿いもご多分に漏れず耕作されない田んぼが年ごとに増えている。

今日は玉川沿いの紫陽花を期待して来たんだけど、全く咲いてなかった。花がひとつかふたつ咲いてただけで、花のかけらもなかった。かなり刈り込まれていて、背丈もひと回り小さくなっていた。これって今季花が咲くのかな。それともここは咲く時期が毎年遅かったかな。

2017061704.jpg

諦めていたらここだけ咲いていた。

暑い、途中熱中症にかかりそうになったんで木陰でひと休みします。そして調子を取り戻した。

2017061705.jpg

農作業を終えて帰るのかな、老夫婦が耕運機に乗ってクネクネ曲がった狭い坂道を上って行きました。追いつこうと急いだけど、先に行ってしまった。おばあちゃんの小さな背中がなんともいえない。

2017061707.jpg

坊中の道路沿いの紫陽花が見ごろでした。

2017061708.jpg

日向薬師バス停のお店が今日はいやに目立った。やる気満々だ。

2017061716.jpg

店の奥にいるおじいさんがいつもはひとり店番をしてます。見た感じかなりご高齢なんだけど、頑張ってます。たまには何か買ってやらないとは思っているんだけど、なかなか。

2017061709.jpg

日向に来たらこの眺めだけははずせない。この棚田の出入りには野生獣の侵入を防ぐためフェンスが造られています。出る時は入口を紐でしっかり縛ります。

そしてふっと顔をあげてビックリ。目の前に菖蒲がドカーンと咲いていた。

2017061710.jpg

ちょうど今が見ごろなんだけど、誰もいなかった。ひとり占めでパチパチやったんだけど、もったいないね。

2017061711.jpg


2017061718.jpg

カメラを持った若い方が来られたんで選手交代。

2017061714.jpg

日向薬師へ向かう途中見かけた休耕田。白い花の野草が一面に咲いていてこれはこれで見事でした。ここはもう何年も放置されている。

2017061715.jpg

日向薬師でしっかりお参りをして帰ります。途中参道を上って来る横須賀から来たという同年代の方に話かけられた。日向薬師の参道の緑がきれいで、この分なら本堂も素晴らしいだろう、立ち寄ってよかったと話された。聞けばヤビツ峠経由で大山に登り、九十九曲を下ってここまで来たという。日向のことを褒められるとうれしいね。

今日は結構歩いたけど、太ももの裏側に張りがまだ残っていて少し痛む。でも何とかなりそうだ、もう少し様子を見よう。

DSC-RX100
スポンサーサイト
  1. 2017/06/17(土) 05:45:05|
  2. 歩け、歩け、どこまでも
  3. | コメント:0
<<酒匂川鉄橋のアユ釣り | ホーム | 栢山ー富水の紫陽花①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する