晴れたらいいね

no photo no life

田園地帯を走る駿豆線

太陽が燦々と降り注ぐ秋空の一日、伊豆箱根駿豆線(すんずせん)に向かいました。

20170909map04.png

三島で東海道線から駿豆線に乗り換えます。前回の岳南電車の時もそうだったんですが、熱海でJR東日本からJR東海に変わるんことから、PASMOですんなり駿豆線に乗り継ぎが出来ませんでした。清算に手間取るので小田原からはキップを買って入ったほうがいいですね(教訓)。

三島から数分で三島二日町に到着。ここから歩きます。今回初めてだったんで皆さんのブログを参考にさせて頂きました。中でもこの方のブログがとても役立ちました。 → こちら



時間が10時少し前、秋空といっても暑いぞ。汗をかきかき30分かかってようやく現地に到着。ミニストップが目印ですね。駿豆線の中でも一番人気の北沢踏切です。もしかしたら次の駅の大場から歩いたほうが近いかも。


2017091013.jpg


三脚を持って行ったんですが、道幅も広くはないですし、交通量もけっこうあるんで使えないですね。せいぜい一脚なら何とか使えそうかな。道路の端っこギリギリに立って車を気にしながらの撮影になります。光の具合も午前中はこちら側は半逆光になるので最初は踏切を渡って撮影をしました。


2017091002.jpg


本来ならここは電車とバックに富士山を入れた写真が狙いなんですが、この時期は富士山はなかなか顔を出してくれません。それを承知でここに来たんで見えなくても気にしません。電車と周囲の田んぼの写真が今日の一番の目的ですです。


2017091014.jpg


10:46踊り子105号が通過して行きます。ご同業者さんがひとりやって来た。今日はこの他にもうひとりお見かけした。これを撮った後踏切の反対側に戻ります。


2017091011.jpg


11時過ぎですがまだこちら側には光が十分あたってない。ところで予想に反して電車の本数が多いんです。1時間に上下合わせて8本通るので退屈しません。


2017091004.jpg


それとですね、ここに来て驚いたのは稲穂が出そろったばっかりということです。遅いですね、まだ青々としてました。来る途中小田急線の開成周辺の田んぼを車窓から眺めてきましたが、もうすっかり黄金色になってました。朝早くからカメラおじさんが数名パチパチやってました。


2017091005.jpg


大場方面をパチリ。駿豆線の楽しみはいろんな電車を見られることですね。この電車は西武鉄道での登場時カラーに復刻したイエローパラダイストレインですね。踏切が見えますが、これは北沢小踏切です。数十メートルしか離れてませんがここも撮影ポイントです。


2017091007.jpg


冬の時期に正面奥に雪化粧の富士山が見えるようです。少し見える黒い山すそは富士山ではないです。まあ今日はその時期に備えての下見というところですね。


2017091006.jpg


今日は終始ここに腰を据えて撮ってました。他の場所も予定していたんですが、暑いし動くのがいやになっちゃった。


2017091008.jpg


光の具合がよくなってきたんで上りの踊り子106号まで頑張ろうと思ったけど、ギブアップ。


2017091009.jpg


三島に戻って来ました。そういえば20年くらい前にカミさんと修善寺温泉に行ったことがあったなあ。当時は鉄道には全く興味がなかった。今日の北沢踏切周辺以外にも駿豆線は撮影スポットがたくさんあるようです。富士山の雪化粧の時期に来ることが出来るかな。
(撮影日2017.9.09)

OM-D E-M5、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8
スポンサーサイト
  1. 2017/09/10(日) 06:33:40|
  2. 鉄っちゃん
  3. | コメント:0
<<栢山の田んぼで稲刈りが始まった | ホーム | 加山又造展から横浜近代建築巡り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する