晴れたらいいね

no photo no life

デジタル一眼レフ(2)

EOS50Dを購入してほぼ1ヶ月。まだまだ使いこなすところまでいってません。前回からちょっと間があいちゃいましたがレポートの第2回目です。

デジタル一眼レフを使い始めて一番とまどったことは画角の変化です。そこで今日はこの話をメインにします。

EOS50D等の中級機は映像素子が35mmフルサイズの約半分の大きさなので(APS-Cサイズ)焦点距離が約1.6倍相当になります。

その結果、例えば広角24mmが38mm相当になり、広角レンズのうまみがなくなってしまいました。反対に200mmが320mmになり望遠側では有利と言えます。今まで当たり前に写りこんでいた目の前の被写体が入らなかったり、想像以上にでっかく写っちゃうんです。


2009071001.jpg


6月鎌倉の長谷寺で撮った写真です。写ってはいないんですが実際は左側にも紫陽花がたくさん咲いていたんです。従来の24mmであればこれらを一挙に写しこめるのですが、38mm相当になるとこんな程度しか写しこめず欲求不満になっちゃいます。

逆に思わぬ効果を発揮したのが望遠側でした。


2009061106.jpg


伊勢原のあやめの里で撮った写真です。望遠側いっぱいの200mmで撮っているんですが、実際は320mm相当になり想像以上のボケ味を楽しむことが出来ました。

自分の手持ちのレンズの中でで使用頻度の高い、24-70mmと80-200mmの画角の変化を表したのがしたの図です。

20090626lens02.gif

やっぱり失った広角側を補充する意味で新しいレンズが欲しいですね。候補は決まってます。


2009071002.jpg

CANON EF-S10-22mmF3.5-4.5 です。

ポチッとする寸前までいってますが、手持ちの24-70mmでいろんな場面での撮影をもう少しやってみて、どの程度不具合なのか確認してから購入を決めたいと思っています。広角に一度はまるとなかなか抜け出せないようです。

記録メディアはCFカードです。

2009061402.jpg

最初2GBぐらいが適当かなと思っていたんですが、2GBと1000円ぐらいしか違わなかったんで4GBを買いました。15MB/秒 100倍速です。これって早い方なんでしょうか。電車の連写ではまったく問題はないです。あと今一番欲しいのは予備のバッテリーかな。




スポンサーサイト
  1. 2009/07/10(金) 20:03:09|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小江戸あつぎまつり | ホーム | 厚木の「小江戸」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://booaki.blog105.fc2.com/tb.php/511-3007f01c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)