晴れたらいいね

no photo no life

小動神社天王祭

7月の第1日曜日から第2日曜日にかけて腰越の小動神社(こゆるぎ)と江の島八坂神社で天王祭が同時に行われます。江の島八坂神社と腰越の小動神社の神輿が海に入り海上渡御の後、江の島八坂神社の神輿が小動神社まで渡御します。

出御祭、宵宮祭と続いたお祭も今日の神幸祭でクライマックスを迎えます。朝から夜までと延々と続く体力勝負の長丁場です。少し早めに現地に到着し、江ノ電の写真を撮ったりして時間をつぶします。


2009071301.jpg
(江ノ電鎌倉高校前駅付近)


心配された天気も朝から青空が見えてます。9時過ぎに腰越に着くと早くもお囃子の音が聞こえてきます。笛と太鼓に気持ちがわくわくしてきます。いましたね、同類のカメラマンがどっさり。


2009071302.jpg



9時30分、腰越通りの小動信号の近い路地にあるお仮屋で出発前の儀式が行われます。お神酒をむせて噴出してしまった来賓がいて一同大笑い。ご愛嬌です。



2009071303.jpg


このあと腰越の浜に一同が移り、ここでもまたお祓いをします。


2009071304.jpg


2009071305.jpg

神輿もここでひと暴れして。


2009071306.jpg


腰越通りに戻り、いよいよ本番開始です。


2009071307.jpg

腰越駅まで戻ってきました。


一瞬にして感じちゃいました。このお祭は最高。何故かって?お祭好きな鉄っちゃんにとっては堪えられないシチュエーションじゃあないですか。ここから竜口寺まで続く電車道でお神輿と江ノ電のコラボです。ひとつぶで2度おいしいお味です。


2009071309.jpg


2009071308.jpg



江ノ電が頻繁に通過します。運転者さんも心得たもので、徐行運転でけっし事故は起こさせません。この徐行がカメラマンにとっては最高のシャッターチャンスになります。


2009071310.jpg


電車通りを左折して東浜に向かいます。



2009071311.jpg


海上渡御です。今日のお祭のメインイベントですね。赤褌、白褌、隠す人、それぞれです。



2009071312.jpg


写真中央左にカメラを持った水着の女性が写ってます。この女性着ているものを脱ぎ捨て、神輿を追っかけ海の中へ。ワッショイワッショイの神輿の間近で撮影をしてました。いい根性してますね。これでなくちゃあ傑作は撮れません。

11時過ぎ、これで午前中は終了。午後は江ノ島の八坂神社を迎えて午後2時スタート。帰ろうかと思いましたがせっかくですから、もう少しいましょう。


2009071313.jpg


同じように海上渡御を終えた八坂神社の神輿を迎えてのジョイントが始まりました。腰越通りがものすごい見物人で埋め尽くされ、一挙にヒートアップです。写真撮影もままならず、こりゃあ大変なことになった。



2009071314.jpg


見物している方も、むんむんの熱気で汗だくだくです。担ぎ手も体力勝負ですね。


2009071317.jpg


2009071316.jpg


時間は3時。朝から7時間。さすがに見物するだけでも疲れてきました。お祭はこのあと夜まで延々と続くようですが、今日はここまで。想像以上に素晴らしいお祭でした。初めてのお祭でペースがつかめなかったんで次回はもう少しゆったりと撮影をしたいですね。撮影のコツも少しはつかめました。


こんな写真も見てください。→ ここ







スポンサーサイト
  1. 2009/07/13(月) 19:51:08|
  2. お祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<暑気払い | ホーム | 小動神社天王祭~神幸祭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://booaki.blog105.fc2.com/tb.php/523-8ba7874a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)