晴れたらいいね

no photo no life

国労と動労

先日訪れた総持寺の帰り道。

鶴見線の高架下を鶴見駅に向かって歩いてふっと見かけた光景。


2009100601.jpg


「国鉄労働組合」ってあの「国労」のこと??

あれっ、国労ってもうないんじゃあないの。この事務所、空き家になっていて昔の表示がそのまま残ってんだなあ。

と思って家に帰ってきて念のため「国労」の名前が懐かしくて調べたら・・・ちゃんとありました。まだ存在してるんですね(驚)。国鉄がJRになってなくなったと思っていたのに。2005年7月現在組合員は1万7000人いらっしゃるそうです。失礼しました。

国労といえばかたや動労でしょう。1960年代から70年代のこの二つの組合運動は熾烈を極め、若い方は知らないと思いますが、50代後半以上の方たちには鮮明に記憶されていると思います。「マル生運動反対闘争」「スト権スト」なんて言葉を思い出します。

ストライキのたびに電車が止まり、国民は大迷惑。私鉄、バス利用で何とかお昼ごろ会社にたどり着く。こんな時でもいかに早く、ちゃんと会社に出てくるかどうか、忠誠心を試されているみたいだったなあ。会社にたどり着くまでの武勇伝を肴にして会社帰りにいっぱい飲んだことを思い出しました。

現在の状況を見るにつけ、労働運動も隔世の感があります。



スポンサーサイト
  1. 2009/10/07(水) 19:07:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<連休は | ホーム | 鶴見線探訪(後編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://booaki.blog105.fc2.com/tb.php/583-2a0dac07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)