晴れたらいいね

no photo no life

都電荒川線(後編)

昨日の前編からの続きです。

大塚駅前を過ぎ、庚申塚ではおばあちゃんたちがごっそり降りていきました。とげぬき地蔵で有名な高岩寺へ向かうのでしょうか。

飛鳥山で下車。ここは荒川線の中でも有名なポイントなんです。


2009101211.jpg
左の緑は飛鳥山公園です。

荒川線はほとんどが専用軌道を走るんですが、ここは車と一緒に走る併用軌道区間で、まさに路面電車という趣があり見ていて楽しくなっちゃいます。


2009101212.jpg


都電の横を車が通り過ぎ、運転手さんも神経を使います。


20091013asukayama01.gif


ここは荒川線の撮影ポイントです。飛鳥公園横の陸橋の上からは行き交う車をかき分けて進む都電の雄姿ががばっちり撮れます。何人ものカメラマンの方とお会いしました。


2009101214.jpg


この場所では信号待ちで都電が停止するので間近でばっちり撮れます。


2009101213.jpg
ちょっとPLフィルターを効かせすぎちゃいました。


飛鳥山公園に立ち寄り一休み。ここは桜の名所なんで4月の上旬にぜひ来たいですね。

ぐるっと右に回って下っていけば王子駅前。この王子駅前の急カーブが荒川線で一番の運転手さんの腕の見せ所です。回転半径80mのカーブを「キッキッキ」と悲鳴に近い音を立てて走ります。よってこの駅や、周辺も撮影ポイントです。


20091013arakawasen-map02.gif


王子駅前で下車。ここから落語「王子の狐」で有名な王子稲荷を訪ねてみましょう。道に迷ったけど10分くらいで到着。


2009101215.jpg


境内には狐の姿があちこちで見られます。王子稲荷は関東一円の稲荷神社の総社で、その霊験にあやかろうと多くの参拝者で賑わい、稲荷のお使いとされる狐も大晦日の夜には参拝知る慣わしがあったそうです。


2009101216.jpg


社殿の裏手にはたくさんの狐が生息していたいわれ、狐の住みかであったという穴も残され保存されています。う~んそうだったのか、もっとよく見てくればよかった。

王子駅前に戻り、ここから一気に終点の三ノ輪橋へ。朝からの疲れがじわじわと。疲れたんで帰ろうかなと迷ったんですが、せっかくだからとりあえず三ノ輪橋まで行こう。


2009101217.jpg


車内は満席です。荒川遊園地前では家族連れがごそっと降りていきました。面白いですね、前の電車がすぐ目の前に見えます。荒川線は追突事故をどのように防いでいるのかな?。町屋駅前でも乗り降りが多かったですね。ここも見所があるんで降りたかったんですが、次回にしましょう。


2009101219.jpg


終点三ノ輪橋到着。「関東の駅百選」に認定されたことを伝えるレリーフが立ってます。


2009101220.jpg


駅前の風景。


2009101221.jpg


雑然とした駅前の風景がいい味出してます。後で知ったんですが、ここから荒川一中前まで続くジョイフル三ノ輪があります。ここは生鮮食品や惣菜などを扱う店が多く、庶民の台所です。ここも次回は見てみたい所ですね。


さて三ノ輪橋から戻ります。

都電の運転席の内部はこんな風になってます。

2009101228.jpg


「マスコンハンドル」を時計回りまわせば加速。反対方向で抑速ブレーキが作動します。

「ブレーキ」部分は実際には細長いハンドルがついてます。このブレーキ弁ハンドルを操作することで圧搾空気を用いて車輪にブレーキをかけます。


もう一ヶ所寄ってみたいところがありました。


20091013arakawasen-map03.gif


ここ荒川車庫です。


2009101222.jpg


通常は一般は立ち入り禁止なんで表から中をちらっとのぞく程度です。荒川線全車両の車庫であり、定期検査を行う場所でもあります。

隣に都電おもいで公園があり引退した過去の車両が展示されていて、自由に中に入れるようになっています。


2009101224.jpg

こんなのや、


2009101223.jpg


こんなのも。

車両の中には懐かしい昔の都電の車両写真や関連したものが展示されています。係員のおじさんがいて熱心な小学生のグループに説明をされてました。

さあ今日はここまでだ。とげぬき地蔵は今日はパスします。大塚駅から山手線に乗り換えて帰りました。荒川線沿いをつぶさに見ようとおもったら何度も足を運ばなくてはダメですね。今日はざっと見ただけで終わっちゃいました。次回が楽しみです。

撮影ポイントや見学コース満載の都電荒川線周辺の散策はこれでおしまい。


※本日のレポートを書くに当たっては『散歩の達人MOOK 都電荒川線完全案内』を参考にしました。



スポンサーサイト
  1. 2009/10/13(火) 20:13:17|
  2. 鉄っちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2009湘南国際マラソンボランティア | ホーム | 都電荒川線散歩(前編)>>

コメント

マルネコさんこんにちは。お褒めをいただきありがとうございます。あの写真はちょっとPLフィルターを効かせすぎちゃいました。

今回その気になって荒川線を見ました。江ノ電とは随分違いますね。電車、周囲の状況等々。正直言ってどう写真を撮っていいのか分からなかったですね。ですから今回はスナップ程度の撮り方しかしませんでした。

荒川線は沿線にはたくさんの見所があります。生活のにおいも十分する下町の雰囲気もいいですね。電車だけにとらわれずいろんなものを見て回りたいと思ってます。

前回で写真の撮り方が少し分かったんで次回は望遠レンズも持って撮りに行くつもりです。江ノ電は少しお休みして今度は荒川線にこりそうです(笑)。ここんとこ自転車を忘れてカメラばっかりです。


  1. 2009/10/15(木) 18:53:51 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

併用の軌道でも、江ノ電とは違った魅力がありますね。
3枚目の下からのアングル、凄く格好良く見えます。
ポイントを見極めた撮影技術に脱帽です。
  1. 2009/10/15(木) 17:05:14 |
  2. URL |
  3. マルネコ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://booaki.blog105.fc2.com/tb.php/588-2f0cfae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)