晴れたらいいね

no photo no life

泉岳寺~四十七士墓参り

東京都庭園美術館のある目黒駅から乗り継いで泉岳寺駅で下車。

泉岳寺といえば赤穂浪士四十七士のお墓があることで知られてます。12月14日に行われる「義士祭」を見たいのですが、平日なんで無理ですね。そこで一足早くお墓参りに来ました。

うん十年ぶりに来たんで地下鉄から上った時一瞬迷っちゃいましたが思い出した。坂を上れば泉岳寺はすぐそこ。

中門が見えてきます。義士祭の文字が飛び込んできます。

境内図は → こちら

2010121111.jpg
(中門)

中門をくぐって山門へ。写真には写ってませんが、右側に大石内蔵助のどでかい銅像が建ってます。

2010121302.jpg
(山門)

本堂前の境内は意外と広いですね。団体さんやら観光客が目立ちます。

2010121303.jpg
(本堂)

四十七士のお墓は境内左側にあります。

2010121304.jpg
(首洗い井戸)

お墓に行く前に通るところがこれ。義士が本懐成就後、吉良上野介の首をこの井戸水で洗い、主君の墓前に供え報告したところから「首洗い井戸」と呼ばれています。

100円のお線香を買って墓所へ。

2010121305.jpg

整然と義士たちのお墓が並んでいます。

2010121307.jpg

一帯はお線香の匂いと煙に包まれてもやってます。ここに一歩足を踏み入れると、今までの観光気分が一気に吹き飛び、厳粛な気持ちになります。

2010121306.jpg

日本人なら誰でも知っているお話なんだけど、墓標に刻まれている10代の享年の数字を見ると鼻の奥がつーんときます。今で言えば高校生ぐらいだよね。現代の常識では計り知れない武士の掟だけど、いたわしいことです。

2010121308.jpg
(大石内蔵助のお墓)

ひときわ立派なお墓が大石内蔵助のお墓です。

2010121309.jpg
(大石主税のお墓)

父親の反対側には息子の大石主税のお墓が。享年16歳。たったの16歳です。改めて皆さんこの数字に釘付けになってました。見ていると皆さん志士たちを本当の身内のように心を込めてお線香をたむけてました。

2010121310.jpg
(浅野長矩公のお墓)

今まで気がつかなかったんですが、隣に張本人の赤穂の殿様(浅野長矩公=浅野内匠頭)のお墓もあったんですね。近くには殿様の奥方(瑤泉院)の立派なお墓もありました。

2010121301.jpg

中門と山門の間の参道にはいくつかのお土産屋さんがあるので覗いてみるのもいいでしょう。いつか義士祭も見てみたいですね。

ちょっと暗い話だったんで、今度はぱーと明るく行きましょう。というわけで、泉岳寺を後にして汐留のイルミネーション見物に向かいました。

続きます・・・。

(※訪問日12月11日)

EOS50D、EFS10-22mmF3.5-4.5
スポンサーサイト
  1. 2010/12/13(月) 19:40:27|
  2. 東京お散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<カレッタ汐留~Blue Ocean(海のプレミアムイルミネーション) | ホーム | 東京都庭園美術館~朝香宮のグランドツアー>>

コメント

sugipyさん

今回たまたま義士祭の記事を見かけて立ち寄ってみました。過去に何度か来たことがあるんですが、お線香が絶えることはないですね。脚色された部分があると思いますが、日本人が大好きなお話ですね。境内も墓所も結構広いのでゆったりとおまいりが出来ます。機会があればぜひおいでください。お子さんにぜひお話を聞かせてあげて下さい。


  1. 2010/12/14(火) 05:23:56 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

良い写真ありがとうございます!

akiさん、こんばんは。
いつのまにか、もう赤穂浪士の時期なんですね。昔はよくTVで見ましたけど、今はやらないんですかね?
「忠誠」なんて言葉は、死語の世の中になってしまいましたもんね。
大田区に住んでいたことがあり、都営浅草線を使っていたのですが、泉岳寺には行った事がありません。写真を拝見して是非一度行ってみたいと思いました。

  1. 2010/12/13(月) 22:33:23 |
  2. URL |
  3. sugipy #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://booaki.blog105.fc2.com/tb.php/870-47955ac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)