晴れたらいいね

no photo no life

旧岩崎邸庭園

「旧岩崎邸庭園」は湯島天満宮と春日通りをはさんですぐ近くです。マーブルさんのブログで素敵な写真が紹介されていて、以前から一度は見たかった所です。

2011011601.jpg

正門から砂利道をゆったり歩き、受付で入館料400円払い入館。

お~これがそうか!これほどの規模の洋館らしい洋館を見たのは初めてだ。庭園全体が重要文化財に指定されてます。

三菱財閥岩崎家本邸として明治29年に完成。設計は日本の西欧建築の父とも言われている英国人建築家、ジョサイア・コンドル。かって1万5千坪を超える敷地に20棟以上の建物がありましたが、現存するのは洋館、和館、撞球室のみです。-旧岩崎邸庭園の説明より引用(以下同様)

2011011602.jpg

洋館は木造2階建て・地下室付きの本格的なヨーロッパ式邸宅。装飾には17世紀のジャコビアン様式を見ることができ、全体的にはイギリス・ルネサンス様式が取り入れられています。

非常に残念ですが、館内は一切の写真禁止です。なんと表現したらいいのか、豪華な内部の造りには目を見張ります。先日訪れた旧朝香宮邸と比べても相当なものです。当時の岩崎家の巨大な財力がうかがい知れます。

1階部分には玄関・食堂・厨房・書斎・客室があり、2階には客室・集会場などがありました。

一通り洋館を見た後は見学コースは一転和館へとつながっています。

洋館と結合して建てられた純和風建築。完成当時には建坪五百五十坪に及びました。現存する書院造りの広間は、接客と一族の冠婚葬祭および節句の際に用いられ、現在も橋本雅邦の日本画がなどが残っています。

ただただ見たことのないいくつもの大広間の和室には感嘆するばかりです。

和館で見学コースは終了です。裏庭にでます。といっても庶民のそれとは大違いで広大な広さを有してます。

2011011610.jpg

この時期どこでも見られるボタンがここでも咲いてました。ボタンの大きな花もこの広大な庭園の中ではとてもこじんまりと見えますね。

この庭園から洋館の姿がつぶさに見られます。想像していたよりは小さく感じました。

2011011603.jpg

2011011606.jpg

洋館南側は列柱の並ぶベランダで、1階列柱はトスカナ式、2回列柱はイオニア式の装飾が特徴的である。

2011011605.jpg

ベランダにはイスラム風デザインのタイルが敷き詰められている。

2011011607.jpg

庭園の一角にちょうど水仙も咲いていてそこから遠くの洋館をパチリ。

2011011609.jpg

最後に見たのが撞球室(ビリヤード場)。

2011011611.jpg

撞球室もコンドルの設計の建物で、ジャコビアン様式の本館とは異なり、当時の日本では非常に珍しいスイスの山小屋風の造りとなっています。洋館とは地下道でつながっている。

中には入れませんが、覗いてみると何にもないです。

2011011612.jpg

馬車の車輪をデザインした珍しい形のベンチが二つありました。

2011011613.jpg

ぐるっと一周してこれで終わりです。写真を撮れる外観に目が行ってしまいますが、建物内部の贅を尽くした造りをじっくり観察することをお勧めします。いつの日か館内撮影が出来ることを願って旧岩崎邸庭園を後にしました。

※E-P2のWBを太陽に設定して撮っているので実際の建物の色とは若干違います。本物はもう少し白っぽいです。

ところで旧岩崎邸庭園に入る前に間違えて通ってしまったこの場所、庭園側の煉瓦塀が素晴らしかったんで写真を撮ったんです。後で調べたらこの坂は「無縁坂」という有名な坂でした。

2011011615.jpg

さだまさしの「グレープ」というグループが昔歌っていたのがこの無縁坂。知っていればもっとちゃんとした写真を撮ったのになあ。

続きます・・・。

OLYMPUS E-P2 ZUIKO ED 14-42mmF3.5-5.6
スポンサーサイト
  1. 2011/01/16(日) 17:18:54|
  2. 東京お散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<本郷菊坂界隈 | ホーム | 極寒の湯島天満宮>>

コメント

マーブルさん

はっはっは、ついに行って来ました。評判どおり良かったですね。外観ばかり気に取られてましたが、内部は豪華で見ごたえがありましたね。先日旧朝香宮邸にもいきましたが、数段こっちのほうが・・・ですね。
今回あえてマーブルさんの写真を確認しないで写真をアップしたら・・・案の定何点かかぶってましたね(笑)。狙うところは同じですね。
素敵な場所をご紹介頂き感謝しております。次回は本郷界隈を載せたいと思っています。
それにしてもCarl Zeiss の切れ味はすごいですね。毎回ため息をつきながら眺めております。

山猫さん

ご無沙汰しています。遅くなりましたが、本年もよろしくお願いします。
今回のレンズでちょうど良かったですね。これが建物内部ですとさらに超広角が便利ですね。ただ広角はゆがんでダメですね。
  1. 2011/01/16(日) 21:34:52 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

akiさん

ついに岩崎邸行って頂きましたね。
龍馬伝放映直後の訪問は岩崎弥太郎のイメージが出来上がっているので、
さらに面白いと思います。
akiさんも言われてますが、内部もすばらしいですよね。
また、岩崎家の人たちの写真も。

そうですか、このレンガの塀の坂が無縁坂だったんですか。
知りませんでした。

「つづき」も楽しみにしています。
ブログへのリンク、恐縮です。
  1. 2011/01/16(日) 20:50:38 |
  2. URL |
  3. マーブル #5oNJmXpw
  4. [ 編集 ]

やっぱ広角ですね

こんばんは。

ご無沙汰しております。
建築物は、やっぱり広角レンズですね!
  1. 2011/01/16(日) 19:52:40 |
  2. URL |
  3. よく寝る山猫 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://booaki.blog105.fc2.com/tb.php/899-99f535b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)