晴れたらいいね

no photo no life

東京国立近代美術館工芸館(旧近衛師団司令部庁舎)

先日(22日)上野に行った時帰りに寄った「東京国立近代美術館工芸館」。国指定重要文化財。東京都千代田区北の丸公園1-1

東西線「竹橋駅」下車、1b出口から徒歩8分の「北の丸公園」の一角にあります。

2011012601.jpg

中央に銅張りの尖塔をもつゴシック様式の建物で明治43年完成。

2011012607.jpg

旧近衛師団司令部庁舎。近衛師団は陸軍の一師団にすぎないが、皇居や御用邸の天皇・皇族の警護にあたるなど、旧陸軍のなかでも最高のエリートであった。

2011012602.jpg

建物中央の切妻の上部に円盤が取り付けられている。終戦までこの位置に菊の御紋がはまっていた。しかし終戦直後、連合軍の没収を恐れどこかに隠されたまま行け不明になってしまった。

2011012603.jpg

終戦目前の昭和20年8月15日、無条件降伏に反対する一部将校のクーデター(宮城事件)が起き、説得に当たった当時の師団長「森赳」が射殺された。結局この計画は失敗に終わった。映画「日本のいちばんながい日」(1967年岡本喜八監督)に当時の緊迫した状況が描かれている。昔BSで放映されたのを見た記憶がある。あの歴史的な事件がここで起こったのか・・・。廊下に血がしみ付いているような錯覚におそわれる。

2011012604.jpg

昭和48年から改修工事が行われた。玄関につづくホールや階段周りもほぼ昔のままに残っている。

改修後「東京国立近代美術館工芸館」として再利用されることとなった。わが国代表的な工芸作家の作品6百点余りを収蔵・展示している。(有料)

2011012605.jpg

入口のアーチを支える円柱にはこんな柱頭飾りがついていた。

2011012606.jpg

東京国立近代美術館工芸館入口手前の茂みのなかに「北白川宮能久親王」の銅像があった。殿下は明治28年1月からこの近衛師団の師団長を務めたが、同年出征した台湾の地にて病没。

GR DIGITALⅢ OLYMPUS E-P2 ZUIKO ED 14-42mmF3.5-5.6
スポンサーサイト
  1. 2011/01/27(木) 20:03:03|
  2. 東京お散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<金曜日は餃子 | ホーム | 鎌倉の古い建物巡り(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://booaki.blog105.fc2.com/tb.php/906-d7b54700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)